瀬戸乃屋は創業40年 商品合計5,400円以上は送料・クール料無料!
更新情報
店長から一言
店長吉田

12月ですね!今年も残すところ1ヵ月をきりました。年齢を重ねると寒い季節は体調を崩しやすくなりますので、体調管理に気をつけましょう!

支払い方法
・代金引替(着払い)
・郵便振替(前払い)
・郵便振替
お急ぎの方は、「電信扱い」にてお振込みください。
詳細はこちら
送料
  • 全国一律 500円(税込)(北海道・沖縄を除く)
  • 北海道・沖縄 800円(税込)
  • その他、クール料 300円(税込)
  • 5,400円(税込)以上お買い上げの方送料・クール料無料(北海道・沖縄を除く)
  • 全国配送承ります。
瀬戸内情報

12月の瀬戸内情報を
更新しました。 瀬戸内の情報満載です!

詳細はこちら

瀬戸内情報 一口メモ

12月の瀬戸内情報
瀬戸内ってこんなところです。
〔全国の皆様にまだ知られていない事柄を、ご案内いたします。〕 
■瀬戸内12月の美味
  • ●がんぞうびらめ(でびら)
  • ●たいらがい(平貝)
  • ●渡り蟹(がざみ)
  • ●おこぜ
  • ●なまこ
■師走の催事
  • ●最上稲荷のお火焚大祭
  • ●よりしま、海と魚の祭典

がんぞうびらめ(でびら)

夏から冬にかけてでまわる”ひらめ”の一種。
冬が旬の白身の高級魚。身がうすいのが難点だが味な格別。
多くは干もので賞味される。瀬戸内沿岸でこの季節、
でびらの天日干しの情景は冬の風物詩である。

●たいらがい(平貝)

たいらぎが和名。養殖の帆立貝に押されて需要が低迷ぎみといわれるが、
平貝の貝柱は、ほのかな甘味と独得の食感は帆立の貝柱の比ではない。
刺し身、寿司だね、酢のものなどに珍重されている。

●渡り蟹(がざみ)

瀬戸内で蟹といえば、この渡り蟹のこと。
葵形の甲羅をもった”がざみ”もいまが旬。
”ずわい”などに比べると小ぶりではあるが味は数段美味。
とりわけいまの季節”セキ”が入って美味。

●おこぜ

通称”おにおこぜ”ともいわれるこの魚は醜い姿からは思いもつかない美味。
いまの季節が旬。昔は瀬戸内沿岸で豊富に獲れた”おこぜ”もいまでは貴重。
”おこぜの唐揚げ”といえば高級料理といわれるようになってしまった。

●なまこ

冬至のナマコがもっとも美味といわれる。 関東では”アオナマコ”が珍重されるが、瀬戸内では”アカナマコ(キンコ)” が肉厚で軟らかいことから美味とされる。 ”このわた”、卵巣と干した”このこ”はご存知の珍味である。

●最上稲荷のお火焚大祭

豊川稲荷、伏見稲荷とともに、日本の三大稲荷に数えられる岡山市の最上稲荷。
その最上稲荷の年末お礼納めの祭礼が”お火焚大祭”。
年頭祈願祭、節分祭につぐ三大祭典のひとつ。
12月15日早朝から16日夕刻まで本殿前の護摩壇で。

●よりしま、海と魚の祭典

岡山県西部、瀬戸内沿いの町、寄島町の年末恒例の行事。
12月第1日曜日(ことしは12月2日)、午前9時から正午まで、
寄島小学校グランドでひらかれる。
催しの目玉はなんといっても魚市。
獲れたての魚介が格安で手に入ることから、近郊からの来場者も多い。
ページトップ
名代珍味 瀬戸乃屋
株式会社 サンキ商会・瀬戸乃屋
本社 〒700-0933 岡山市北区奥田1丁目4-11
TEL086-231-8743 FAX086-231-9060 フリーダイヤル 0120-30-8743

・個人情報保護について
お客様から頂いた個人情報は、当社が責任をもって管理し、第三者に譲渡することはございません。

  • 研究開発課主任の一言メモ
  • お問合せはこちら

メニュー