瀬戸乃屋は創業40年 商品合計5,400円以上は送料・クール料無料!
更新情報
店長から一言
店長吉田

朝・夜が寒いくらいに気温が下がってきましたね!日中は少し暑いくらいなので、寒暖差が激しくなっています。体調管理に気をつけましょう!

支払い方法
・代金引替(着払い)
・郵便振替(前払い)
・郵便振替
お急ぎの方は、「電信扱い」にてお振込みください。
詳細はこちら
送料
  • 全国一律 500円(税込)(北海道・沖縄を除く)
  • 北海道・沖縄 800円(税込)
  • その他、クール料 300円(税込)
  • 5,400円(税込)以上お買い上げの方送料・クール料無料(北海道・沖縄を除く)
  • 全国配送承ります。
瀬戸内情報

11月の瀬戸内情報を
更新しました。 瀬戸内の情報満載です!

詳細はこちら

レシピ一覧

焼き穴子使用 ちらし寿司

焼き穴子使用 ちらし寿司

材料 約4人分

  • 焼き穴子 1尾 /
  • エビ 6尾 /
  • 卵 2コ /
  • キュウリ 1本 /
  • チリメンジャコ 40g /
  • 大葉 4枚 /
  • 塩 少々 /
  • 白ゴマ(切りゴマ) 大さじ2 /
  • 刻みのり 適量 /
  • すしめし 約1kg(米3合分、だし昆布、10cm角1枚酒またはみりん大さじ1) /
  • 合わせ酢(酢80ml、砂糖、大さじ3、塩小さじ2) /
  • ※写真はお好みで「ままかり酢漬け」を入れています。

作り方レシピ

【すしめしを用意する】
  • (1)米をといで水加減したところに、布巾で汚れを拭った昆布を入れ、30分おく。昆布を取り出して酒を加えて炊く。(「ごはんの炊き方」を参考に)
  • (2)合わせ酢の材料を混ぜておく。
  • (3)飯切りを水でしめらせ、余分な水分は拭きとる。
  • (4)炊きたてのごはんを飯切りに移し、合わせ酢を木じゃくしで受けながら全体に回しかけ、切るように混ぜる。うちわであおいで冷まし、ツヤをだす。
    *即席粉末タイプの合わせ酢を使うと便利。

【すしを作る】
  • (1)焼き穴子は、1cm幅に切る。
  • (2)エビは背ワタをとり、ゆでて殻をむき、半分にそぐ。
  • (3)錦糸卵をつくる。卵を溶いて塩ひとつまみを加え、薄く焼いて千切りにする。
  • (4)大葉は千切りにし、水にさらしてから水気を切っておく。
  • (5)キュウリは縦4つ割の小口切りにし、塩をふり、しんなりさせて水気を絞る。
  • (6)すしめしに穴子の半量、キュウリ、白ゴマ、チリメンジャコ、をまぜあわせて器に盛る。
  • (7)残りの穴子、エビを飾り、卵、大葉、ノリを散らす。

あまりの旨さに食がすすみ、つい食べすぎて隣家から飯(まま)を借りてまでもなお食べつづけたと、ままかりの名の由来。

ページトップ
名代珍味 瀬戸乃屋
株式会社 サンキ商会・瀬戸乃屋
本社 〒700-0933 岡山市北区奥田1丁目4-11
TEL086-231-8743 FAX086-231-9060 フリーダイヤル 0120-30-8743

・個人情報保護について
お客様から頂いた個人情報は、当社が責任をもって管理し、第三者に譲渡することはございません。

  • 研究開発課主任の一言メモ
  • お問合せはこちら

メニュー